サイトマップ

印刷

硬式野球部

◆ 硬式野球部

 

 
硬式野球部

文武両道、社会に貢献できる人材の育成、甲子園出場


令和2年9月23日現在 計24名
(2
年生:選手12名 1年生:選手9名、マネージャー3名)   



  月:OFF(12・1月は日曜日がOFF、月曜日が練習)
火・木:グランド全面使用可、3か所バッティング・1本バッティングを中心に
    練習。生きた打球で守備練習ができます。
水・金:ウェイトトレーニング、課題別個人練習、他
土・日:練習試合(授業のある日は練習) シーズン90~100試合程度。
ウェイト・トレーニングも年間を通して計画的に実施。食トレも行っています。
長期休業中には文武両道を達成するために部としての学習会や地域貢献のため学校周辺の清掃活動等を行っています。

 



<施設・設備>
80m×80mのグランド(練習試合可、マウンド常設)。水はけも最高です。その他、3ローター式ピッチングマシン・2ローター式ピッチングマシン・アームマシン・4×4×24mのバッティングゲージ・アルミ製ジャバラ式バッティングゲージ・3人投げブルペン・トレーニングルーム完備。ナイター照明完備。
<指導体制>
 武蔵丘・練馬両校を西東京ベスト16に導いた保健体育科ベテラン教諭が監督として着任して今年度で5年目を迎える。部長は前城東高校監督の英語教諭。助監督は部長の教え子で、今年度より数学科教諭として本校に着任。その他、本校を卒業し、現在高野連公認審判員を務めるOB3名と指導体制も充実。                                     



の   



 現監督が着任して5年目を迎え、勝つ文化が少しずつできてきました。夏の大会では第2シード城東高校と接戦を演じ、秋の大会では甲子園出場経験のある雪谷高校に勝ちました。惜しくも代表決定戦で2年連続東東京大会ベスト16進出の城西大城西高校に敗れてしまいましたが、確実にチームは前進しています。
 練習は体力作りとバッティング練習が主で、打ち勝つ野球を目指しています。守備はバッティング練習の生きた打球を受けてレベルアップを目指しており、打つことに自信のある人にとってうってつけのチームです。中学校の実績は問いません。打って打って打ちまくる野球を目指したい人は是非1度見学にいらしてください。
  また野球部では長期休業中に学習会を行うなど、文武両道も目指しています。野球を頑張りつつ、人として成長したい人をお待ちしています。
 現監督が今年で着任5年目ということで異動が懸念されるところですが、今年度より1学年主任となり今後3年間は原則異動しません。その後も年齢的に定年が近いこともあり、異動しない可能性が高いと思われます。また今年度着任した助監督の教諭も野球経験者ですので、指導体制は大きく変わることはありません。
 駅から徒歩3分の好立地に、練習試合のできるナイター照明付きグランド、野球経験豊富な3名の指導者と、野球を思い切りやれる環境は整っています。是非一緒に高校野球をやりましょう!

<令和2年3月卒業生の進路>
 武蔵大学、亜細亜大學、大東文化大学、帝京平成大学、他、4年制大学2名、専門学校1名、未定1名






   

 



今年度の体験入部はありません(新型コロナウィルスの影響によりできません)。

 

 

     
令和2年度 活動報告

<東東京大会>


7月24日(金)

  1回戦 VS 桜修館中等教育学校  10対3 7回コールド勝


7月28日(火)

  2回戦 VS 城東高校  0対7 8回コールド負


<秋季ブロック大会>


9月19日(土)

  1回戦 VS 雪谷高校 6
対4 勝

9月21日(月)

 代表決定戦 VS 城西大城西高校 0対5 負  

 

〒165-0033 東京都中野区若宮3丁目46番8号
電話 : 03-3330-0101 ファクシミリ : 03-3339-8420